グーペを実際に使い使用感を記事にしました

お店のホームページ運営に強い「グーペ(Goope)」を実際に使い、使用感やグーペの特徴を記事にしてみました。店舗運営で忙しい中更新も簡単で、コスパにも優れているサービスです。お店のホームページをご検討の方は、選択肢の一つとしてみてはいかがでしょうか?

※このサイトはグーペを実際に使って作成しています

 

 

このホームページを作ったdeepの画像

はじめまして! 私はdeepと申します。

ホームページの作り方/初心者でも簡単!webサイト作成のコツ
というサイトを運営しています

「グーペー(Goope)」を実際に自分で使ってみて感じたことをレビューします。

 

グーペは店舗のホームページ運営に強いという特色のある商品ですので、
お店や診療所のホームページをお考えの方には最適なサービスです。
どうぞ最後までご覧ください。

 

 

「お客様からのお問い合わせが増えました!」
忙しい個人事業主の皆さまにおすすめしたいサービスが"グーペ(goope)"です!

窓に向かって売り上げか伸びることを確信している若い女性の画像


「なんか、売れそうな気がします。」

 

 

「今ではホームページからの売り上げが8割を占めています」

「ほとんどホームページからの注文になりました!!」

 

お店を始めた時の不安は「お客さんが来てくれるだろうか?」ということに
尽きるのではないかと思います。

 

少しでもお店のことを広くみんなに知っていただいて、多くのお客さんに来て
いただくようできる限りのことはしたいですよね。

 

最近のお客さんは、事前にお店のことをネットで調べてから来る人が多く、
「事前にお店や医院の内容を知って」来店されるケースがほとんどです。

 

今や、年寄りや子供もスマホを使う時代ですので、ホームページで
情報発信していないのは致命傷と言ってもいいかもしれません。

 

「お店に来てくれるお客さんは、ほぼすべての方がホームページを
見てから来られています」

 

 

そういうあなたも、飲食店や病院などのアクセスや評判などを
事前に調べる「ネットで調べてから行動する派」ではないですか?

 

 

そんなお店を経営されるオーナー様におすすめな
ホームページ作成サービスが「グーペ(goope)」です。

 

 

 

なぜお店のホームページにグーペ(goope)がいいのでしょうか?

 

 

下の画面↓↓のように、グーペ(goope)のテンプレートには店舗運営に
必要なコンテンツがそろっています。

 

画面には出ていませんが、「求人情報」のコンテンツもあります。

 

 

  goopeのコンテンツ一覧をコントロールする画面の画像

 

 

 

「お店を知ってもらうためにどんな情報発信をしてゆけばいいのかよくわからない」
という方も、店舗を知ってもらうのに最低限必要な項目は準備されていますので、
テンプレートに沿って書き込んでいけばだいたいの形が出来上がります。

 

もちろん、必要なければ非表示にもできます。

 

そういえば、グーペの「求人情報」の入力項目がなければ、求人ページを作って
いなかったはずなので、今のスタッフと出会えていなかっただろうという話も聞きました。
作るのと作らないのとでは大きな違いがありますね。

 

 

 

グーペの管理画面を見ていただいたらわかる通り、グーペはお店のホームページを
運営するための機能が満載です。

 

・・というよりお店のホームページに特化しているといってもいいと思います。
クーポンの登録画面まで準備してあり、至れり尽くせりです。

 

 

グーペー(goope)管理画面の画像、クーポン更新

 

 

Goopeはお店の運営で忙しい店主さんの手間をできるだけ省くことができるように、
テンプレートに沿って定型の入力項目を入れていけば、形が出来上がっていくようになっています。

 

「なんとなくやっても、なんとなく形になっていきました」という人もいるくらいです。

 

 

お知らせ更新入力画面の画像

 

 

例えば上の↑↑「お知らせ更新」の画面ですが、タイトルを入力し記事を書いていけば、
トップページにタイトルが反映され、新着ニュースが表示されるしくみになっています。

 

 

工房NICHTさんのホームページのトップページより抜粋した、最新情報(インフォメーション)要約が表示されている画像

                  ※工房NICHTさんのホームページより抜粋しました

 

 

本業で忙しい店主の方が、簡単にお店の情報を発信できるよう、入力画面も
シンプルな作りこみになっています。

 

下書きで保存しておけば、同じような内容なら記事を少し変えるだけで
使いまわしも可能です。

 

本業が一番なので、ホームページは効率的にやらないといけませんね。

 

「朝店舗についてから、スマホでささっと更新してます」

 

 

慣れてくるとそんな感じです。最初の作りこみは気合が入りますが、
更新は比較的「気軽で簡単」ですよ。

 




下のボタンを押すと「公式サイト」にリンクしています。


「グーペ(Goope)に興味がある」という方は、こちらから
グーペーとはどのようなサービスかぜひ確認してください。

        ↓↓↓

グーペ公式サイトにリンクするボタン画像

 

 

 

 

15日のお試し期間で実際に使ってみて確信できる
「自分でも使えると感じることができました!」

 

 こちらを向いて「私にも使えました」と言ってほほ笑むイメージの若い看護婦の画像

 

「私にも使えました!」

 

 

 「無料期間で試していくうちに ホームページができていって楽しくなりました」

 

グーペーには最初の15日間に「無料お試し期間」があります。

 

グーペーのユーザーさんは、この15日間のうちに実際に使ってみて
「自分にもできそうだ」という確信をもたれ、ホームページをグーペで
作ろうと決められる方が多いです。

 

「感覚的に作っていけるので、知識がなくても作れるんだって思いました」

 

ちなみに、私もここまでほとんどHTMLを使っていません。

 

「ワードやブログを入力する感覚でできました」という感想を持たれた方もいます。

 

ちなみにGoopeの入力画面はこんな感じです↓↓

goopeの本文入力画面の画像

 

 

ワードの入力画面も参考までに↓↓結構似てますよね・・

 

 

wordの入力画面の画像 

 

  

 

「デザイナーさんから勧められて始めました。」
プロも認める使いやすさと、デザイン、機能の充実ぶり

 

 絵筆とパレットを持って「デザインは任せて」と言ってほほ笑むイメージの若い女性の画像

 

「デザインは任せてください。」

 

 

 

「知り合いのデザイナーさんに勧められてグーペにしました」

 

会社の売り上げにかかわる話なので、看板代わりのホームページは
しっかりとデザイナーさんと相談して作りたいとお考えの方は意外と多いです。

 

プロのデザイナーさんがグーペを勧めるらしいですよ。

 

グーペはテンプレートも豊富で、店舗用のおしゃれなデザインが多いです。

(→ サンプルテンプレートが見れるページへのリンクです)

 

 

ちなみに私のこのサイトは、店舗用サイトを無理やり説明用に使っていますので、
グーペの本当の使い方とは違います。(トップページがこんなに長くならないということです)

 

店舗のサイトは基本トップページで、おしゃれな店舗イメージを、スクロールをそんなにしない
程度に短く表現し、最新情報や店舗情報などは別のページに作りこみます。

 

例えば、おしゃれなサイトは、こんな感じになります

 → バリカフィモンキーフォレスト」さんのサイト

 → 「切麦や 甚六」さんのサイト

 

最初はデザイナーさんを交える方も、更新は自分でされます。

 

更新にそんな手間はかからないし、難しくもないということですね。

 

「他人に頼むと細かい変更ができないので、自分で更新できるのは助かります」とのこと

 

「パソコンは苦手でしたが、グーペなら更新することができました」

 

かんたんを強調しましたが、HTMLも触れますので、難しいこともやろうと思えばできます。 

 

goopeのHTML入力画面への入り口を示した画像

 

 

「コストを抑えつつ見た目もきれい」と高い評価
別途サーバーなどの契約がいらない簡単さがいい

 

 計算機を持って「コストは大丈夫ですか?」と言ってこちらを見つめるイメージの若い女性の画像

 

「コストは大丈夫ですか?」

 

 

 「ホームページ作りはお金がかかるイメージだったけど、
グーペは大丈夫?というくらい安かったので驚きました」

 

一般的に「ホームページ作成はお金がかかる」イメージがあります。
実際、他人に任せると結構かかります。

 

自作する場合でも、「ホームページ作成ソフト」代、「ドメイン」代、
「レンタルサーバー」代などが最低でもかかります。

 

もちろん、お店を支える大事なサイトなので、フリーソフトや
無料サービスは使わない前提で話しています・・

 

ちなみに私のサイトを作るのにかかる費用(初年度)は・・

 

 

私のサイト「正直気になる、ホームページにかかるお金の話」の中にある、私が支払ったホームページをするための初期費用の内訳

 私のサイト正直気になる・・ホームページにかかる費用の話より

 

 

というわけで、初年度は(ソフト)24,800円+(サーバー1,080円×12月)
12,960円+(ドメイン)950円= 38,720円・・です。

 

また、2年目以降は、13,910円ということになります。

 

ちなみにグーペーは、1ヶ月1,000円または1,500円で使えます。
年間12,000円または18,000円ということですね

→ グーペ「料金案内」ページへのリンク

 

面倒なドメイン取得やサーバーの手続きをせず、この値段で使えるのは
やはり安いと言わざるを得ません。

 

グーペがコストパフォーマンスに優れていることはご理解いただけますね。

 

 

お店の情報発信も楽にできます。
「誰でも、複数の人でも更新できるので便利ですね。」

 

花を持って微笑む2人の若い花屋の女性店員の画像。「みんなで使える」ので喜んでいるイメージ

 

「みんなで使えるのがいいですね。」

 

 

 

「スタッフの誰でも更新できる点が決め手となりました」

 

グーペの更新は5名まで登録できる副管理者が行うこともできます。
すべてオーナーや担当者一人がやらなければいけないものではありません。

 

スタッフの複数の人ができるようになれば業務の平準化も図れますし、
忙しいときに頼むこともできます。

 

goope副管理者登録画面の画像

 

 

ただ、全部お任せというわけではなく、「権限」を与えることによって大切な部分は
触れないようにすることもできます。

 

 

goope副管理者の権限一覧が表示してある画像

 

 

お店の仕事は幅広く、ホームページをかまってばかりはいられません。

 

いろいろなスタッフがお店のサイト作りに携わることで、webサイトも
フレッシュな状態を保つことができます。

 

きれいで情報満載のホームページは、多くのお客様を集客する力があります。

 

あなたも、グーペを使って売り上げアップを図ってみてはいかがですか?

 

 

 

あなたもグーペでお店を素敵に紹介してみませんか?
下のボタンを押すと「公式サイト」にリンクしています。


店舗のwebサイトに強い「グーペ(Goope)に興味がある」
という方は、こちらのボタンから グーペーとはどのような
サービスかぜひご確認ください。

        ↓↓↓

グーペ公式サイトにリンクするボタン画像

アクセスランキングのブログパーツ

 

  

関連記事

→ ホームページ作成ソフトを徹底比較!使いやすいソフトはどれ?

→ SIRIUSでホームページを実際に作成した使用感を記事にしました

→ 自分で更新できる最短ホームページテンプレート 特典付きレビュー

→ 賢威7を実際に使い、webサイトを作った感想を書きます

→ jimdoでホームページを実際に作った使用感を記事にしてみました

→ wixでホームページを実際に作成した使用感を記事にしました

→ ホームページV3を使って実際にサイト作成してみた使用感を記事にしました

→ ホームページビルダー21で実際にホームページを作った使用感と感想を記事にしました

→ ホームページ作成ソフト 簡単で便利なおすすめソフトの選び方

ブログパーツ

店舗情報

名前 グーペを実際に使い使用感を記事にしました
住所 大阪府 大阪市北区梅田3丁目1−1
最寄り駅 JR大阪駅を便宜的に表示させています
道順 JR大阪駅を便宜的に表示させています
電話番号 --
設備・サービス
その他 JR大阪駅を便宜的に表示させています
2017.06.25 Sunday